ホール・劇場 改修設計 音響設計 舞台設備設計 音響測定

既設天井補強で現行法に適合させる方法について

  • HOME »
  • 既設天井補強で現行法に適合させる方法について

国土交通省の3つのルート以外で現行法に適合させる方法について

 
ホールの客席天井の場合、国土交通省の3つのルートによって現行法に適合させるよう
改修するのは難しいという問題があります。
 (※詳しくは「国土交通省の3つのルート」のページをご覧下さい)。

そこでこの特定天井の告示の対象外となるよう、「既設天井を補強して吊天井ではなくす」
という方法があります。吊天井でなくなれば特定天井ではなくなるため、現行法の
対象外となります。

その方法とは、既設天井を補強して準構造直張りと同等の性能となるようにする、
というものです。

吊天井を準構造直張りと同等の性能とするためには、天井下地部材を補強でガッチリと
固めて剛天井にする必要があります。そして、その補強の設計については、
審査機関で任意評定を受けて、準構造直張りと同等であるという性能評価書を取得します。
準構造直張りと同等になれば、吊天井ではなくなり、特定天井にも該当しなくなります。
その結果告示の対象外となり、既存不適格は解消されます。

既設補強での改修を推奨する理由

 
既設補強での改修を行うためには、工事の前に既設の天井裏の詳細な調査と、耐震化の
ための補強設計と、任意評定委員会対応などの業務が必要となりますが、それらの費用を
差し引いても張り替えに比べて経済効果は十分にあり、また大量の廃棄物を出すことも
ありません。工期も張り替えより短くでき、ホールの音響性能もほぼ変わることはありません。

弊社ではホール専門の設計事務所として多くの自治体様からホールの天井改修についての
ご相談を頂く機会があり、客席天井を張り替えずに既設補強で現行法に適合させることを
研究して参りました。

ホールの客席天井については、張り替えではなく既設補強での改修を検討することを
推奨しております。

TEL 03-5695-9303 9:00~17:30(月曜~金曜)

PAGETOP
Copyright © Light Stage inc. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.